Yasuhiro Suzuki lab.

鈴木泰博研究室

[Click] to the personal Web page of Yasuhiro Suzuki


わたしたちの研究室のすべての活動原則とミッションは「情報学の参照基準」に基づきます.

Principle: We belong to "Faculty of Informatics / Graduate School, Department of Complex Systems Science". As a laboratory of a National University, it conforms to the reference standard of informatics established by the Science Council of Japan.

ミッション:複雑系科学の理念に基づき,情報により世界に意味や秩序をもたらし社会的価値を創造します

Mission: From the view point of Complexity Science, Creating new social value by creating semantic order in the world with information


Principle of lab.

  1. Be Inovative: 革新的であること,
  2. Be Creative: 創造的であること,
  3. Be a brave Leader: 勇気ある単独者たること.

すべての活動はこの基本理念に基づき,すべてに優先されます.Every activity strictly based on these three principle.

FAQ

Q. 何の研究をしているのですか?

A. 「情報学」の研究をしています.Study of Informatics strictly based on the definition.

Q 研究室として,具体的になにを研究しているのですか? The Def. is broad, what is your lab's theme?

A. 研究室を単位とした研究は行いません.各メンバーは独自の研究テーマをみつけ,本研究室を代表して責任をもって研究を遂行します.Setting the lab's thema, which students obeying is against the principle 3. Be a brave Leader.

複雑系の理念と存在意義は分野横断的であることです.分野に縛られた考え方は複雑系ではありません,それならば複雑系と名乗る必要もありません.

Q. どのように研究テーマが与えられるのでしょう?

A. 研究のテーマを教員が与えることは,基本理念 3. Be a brave Leaderに反しますので,原則としてありません.すべてのメンバーは独力でテーマをみつけ,いかなる批判や困難があろうとも,勇気ある単独者として挑戦することが求められます.


これまでの研究テーマ例

・観光雑誌内の単語セットによる都市の系統樹の作成と分析

・メンヘラサポートサイトの文章のクラスター分析による“メンヘラ”の分類と考察

・仮想現実感を用いた集中力の測定

・心理学的方法を用いた複数の主旋律を違和感無く混在させる条件の検討

・近赤外分光法(NIRS)を用いた低周波音聴取時の脳活動の計測と分析

・生体情報を用いた触覚バーチャルリアリティシステムの構築とそのゲームへの応用

・近⾚外分光法を⽤いた脳機能イメージングによる振動触覚と脳活動の関係

・キュレーションサイトの情報を用いた電子観光しおり作成サービス

・セイバーメトリクスによる指標を用いた日本プロ野球とメジャーリーグ野球の統計分析

・時系列特徴解析によるロシア・アニメーションの演出に関する考察

・抽象化学系を用いた膜系の進化過程に関する特徴分析とその応用

・ピアノ曲運指決定法の拡張に基づいた難易度分析手法の提案

・ネットワークデータの活用と解釈方法についての考察

・P53-MDM2フィードバックループの確率的シミュレーション

・化学生態系でのCry Wolf植物による香り情報物質の変化の生態系の安定性への影響

・植物葉表面電位変化の性質について

・マッサージを介した複数の触覚刺激呈示とその弁別感受性の心理学的調査

・葉表面電位測定を用いた誘導防衛に関する植物間コミュニケーションの分析

・香り情報化学物質が介在する多者生態系の安定性について

・BZ反応のハイブレットシミュレータの作成

・葉表面電位を用いた匂いによる植物間コミュニケーションの分析

・リカレンスプロットを用いた映像のカット割り特徴分析

・フェイシャルマッサージにおける触譜を楽譜に変換する方法の検討

・匂いを介した生物間相互作用が生態系にもたらす効果の数理モデルによる検証

・人の知覚における能動的刺激の認識に関する検討

・タグ表記を用いた日本語解析法の提案とその応用

・旋律のパターン分析とその応用としての楽曲生成


Q. What kind of research are you doing?

A. We are researching "informatics" defined by the Science Council of Japan (I have already explained what informatics is?).

Q "Informatics" is ambiguous, so what are you explicitly researching as a laboratory?

A. We do not research a laboratory-by-laboratory basis as it violates the basic philosophy 3. Be a brave leader. Each member will find their research theme and carry out research responsibly on behalf of our laboratory.

Q. Why are you studying music or art even if you are not a music college or art school?

A. Based on the "Reference Standards of Informatics" of the Science Council of Japan and "the idea of complex system + information" as the theme of "creating new meaning, order, and social value in music and art" Because there is. Informatics laboratories do not provide specialized education in music and art.

Q. What is the specific meaning of "creating new social value"?

A. Suzuki conducted research on tactile and kansei informationization (tactile, T-bit), and symbolized tactile and kansei (sensibility) information and made it possible, for example, to distribute tactile sensations on the Internet. This research is about to create new fields in the fields of beauty and medicine. This is an example of creating a new social value (new medical field or new industry) by giving sense and order (sense as algorithm and order as classification / evaluation by algorithm) to tactile sense by information.

Q. Do you have a theme for your laboratory? How are research themes given?

A. In principle, no researcher is giving a research theme because it goes against the basic principle 3. Be a brave leader. All members are required to find a theme on their own. And challenge themselves as courageous individuals, regardless of any criticisms or difficulties.


情報学とは?(情報学の定義〜日本学術会議)

情報学の定義:情報学は、情報によって世界に意味と秩序をもたらすとともに社会的価値を創造することを目的とし、情報の生成・探索・表現・蓄積・管理・認識・分析・変換・伝達に関 わる原理と技術を探求する学問である。情報学を構成する諸分野は、単に情報を扱うというだけではなく、情報と対象、情報と情報の関連を調べることにより、情報がもたら す意味や秩序を探求している。さらに、情報によって価値、特に社会的価値を創造する ことを目指している。(報告「大学教育の分野別質保証のための教育課程編成上の参照基準:情報学分野」, 日本学術会議 2016年より抜粋)

Definition of "Informatics"

Definition of informatics Informatics aims to bring meaning and order to the world through information and create social value and is concerned with the generation, exploration, expression, accumulation, management, recognition, analysis, conversion, and transmission of information. It is a scholarship that explores such principles and technologies. The various fields that make up informatics not only deal with information, but also explore the meaning and order that knowledge brings by examining the relationship between information and objects, and information and information. Furthermore, we aim to create value, especially social value, through information. (Excerpt from Report “Reference Standards for Curriculum Organization for Quality Assurance by University: Informatics”, Science Council of Japan 2016)


Contact address

suzuki.yasuhiro[at mark]f.mbox.nagoya-u.ac.jp Furocho Chikusa Nagoya City 464 8601 JAPAN

464-8601 名古屋市千種区不老町 名古屋大学大学院情報学研究科 複雑系科学専攻